上へ戻る

ニッカンサッカー

安部裕葵が10番 鹿島「全冠制覇」新体制発表会

注目コーナー

最新スコア

新着ニュース

安部裕葵が10番 鹿島「全冠制覇」新体制発表会

安部裕葵(2018年11月3日撮影)

鹿島アントラーズの新体制発表会が16日、神栖市の鹿島セントラルホテルで行われ、FW安部裕葵(ひろき=19)が背番号10を付けることが明らかになった。 U-19日...

関連するニュースを読む

東京Vにセルビア出身のFWコイッチ加入

J2東京ヴェルディは16日、オルダバス(カザフスタン)からセルビア出身のFWネマニャ・コイッチ(28)が加入すると発表した。 ...

関連するニュースを読む

池田玲奈、19年シーズンから新潟レディースに復帰

池田玲奈

女子サッカー、なでしこリーグ新潟レディースは16日、新潟医療福祉大サッカー部に期限付き移籍していたDF池田玲奈(21)が19年シーズンから復帰すると発表した。池...

関連するニュースを読む

磐田にFWロドリゲスが加入

J1ジュビロ磐田は16日、ルクセンブルク代表の実績があるFWロドリゲス(23)がシェリフ(モルドバ)から加入すると発表した。 ...

関連するニュースを読む

横浜にティーラトン加入「ベストを尽くす」

ティーラトン

J1横浜F・マリノスは16日、神戸で昨季プレーしたDFティーラトン(23)を期限付きで獲得することが内定したと発表した。メディカルチェックを経て問題なければ正式...

関連するニュースを読む

ランキング

横浜にティーラトン加入「ベストを尽くす」

ティーラトン

J1横浜F・マリノスは16日、神戸で昨季プレーしたDFティーラトン(23)を期限付きで獲得することが内定したと発表した。メディカルチェックを経て問題なければ正式...

磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲス獲得へ

ジュビロ磐田がルクセンブルク代表FWジェルソン・ロドリゲス(23)を獲得することが15日、分かった。一両日中にもクラブから正式発表される。 同選手は188センチ...

新潟「これがJ2」キャンプ地高知へ陸路12時間

報道陣にVサインをしてバスに乗り込むDF堀米。後方はDF川口

J2アルビレックス新潟は今日16日から2月16日まで、2月24日の開幕に備えたキャンプを高知・春野総合運動公園で行う。15日、選手、スタッフ41人がバス2台で新...

鹿島始動、新加入の伊藤翔は10番練習着「まだ…」

ランニングする新加入のFW伊藤(右から2人目)やMF白崎(同4人目)ら

鹿島アントラーズは15日始動し、鹿嶋市内でトレーニングを行った。 横浜から加入のFW伊藤翔(30)、清水から加入のMF白崎凌兵(25)らの姿もあった。伊藤は10...

森保ジャパンの難敵、磐田ムサエフ熱弁「連係崩す」

宿舎近郊のショッピングモールでサムアップするウズベキスタンのムサエフ(撮影・横山健太)

【アルアイン(UAE)15日】アジア杯で日本代表と対戦するウズベキスタン代表MFムサエフ(30=磐田)が“異例”の単独インタビューに応じた。1次リーグ第3戦(1...

コラム

サッカー現場発

酒も衣も口にせず…中沢佑二氏の恩師語る不変の情熱

横浜DF中沢佑二(2018年12月1日撮影)

「ボンバーヘッド」の愛称で親しまれた元日本代表DF中沢佑二(横浜F・マリノス)氏が8日、40歳で現役引退を発表した。左膝痛などに悩まされながら最後までピッチに戻...

海外サッカーよもやま話

バルサの仏U20代表獲得にトゥールーズ会長激怒

バルセロナの本拠地カンプノウ

バルセロナは8日、前鹿島DF昌子源(26)が移籍した仏1部トゥールーズから、U-20フランス代表DFジャン・クレール・トディボ(19)を獲得すると発表した。 E...

ドイツこぼれ話

早くも移籍を発表したナーゲルスマン監督の胸中

今季終了後にホッフェンハイムからライプチヒへ移籍することを、すでに発表しているユリアン・ナーゲルスマン監督。開幕を迎える前に自身の進退を明言したことについて、あ...

フットボールの真実

永島昭浩氏の青写真は勝ち点5 突破のカギは岡崎

パラグアイ戦の前半、ドリブルで攻め込む岡崎(撮影・山崎安昭)

<日刊スポーツ評論家が斬る 永島昭浩氏> 日本の1次リーグ突破の可能性は十分あると思っている。その理由は西野監督が推し進めてきた、先発メンバーを固定化しない戦い...

Get toto

上々原口ハノーバーが勝つ「1」/第1062回

日本代表MF原口が所属するハノーバーが、残留争いのライバルである15位デュッセルドルフに勝つと予想した。2部降格圏の17位に低迷し、今回の試合が年内最終戦。相手...

日本代表写真特集

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。