ソフトバンクまとめて支払い ワールドベースボール

コルデロが延長10回にサヨナラ満塁逆転弾 Rソックス5連勝に貢献「みんなの喜ぶ姿に超興奮」

注目コーナー

新着ニュース

コルデロが延長10回にサヨナラ満塁逆転弾 Rソックス5連勝に貢献「みんなの喜ぶ姿に超興奮」

サヨナラ満塁本塁打を放ち喜ぶレッドソックス・コルデロ(AP)

<レッドソックス8-4マリナーズ>◇22日(日本時間23日)◇フェンウェイパークレッドソックスは延長10回にフランキー・コルデロ左翼手がサヨナラ満塁打を放ち、逆転に成功。今季初の5連勝に貢献した同選手は、仲間の喜ぶ姿を見て「超興奮した」と話した。 指名打者クリスチャン・アロヨの2号ソロなどで、序盤からリードを奪ったレッドソックス。その後に同点とされ、好調トレバー・ストーリー二塁手の7号ソロで再び勝...

関連するニュースを読む

ヤンキース・ブーン監督、ドナルドソンの“ジャッキー”という呼びかけに「一線を越えていた」

21日、制止されるホワイトソックスのティム・アンダーソン(中央)(ロイター=USA TODAY Sports)

ヤンキースのアーロン・ブーン監督が22日、同チームのジョシュ・ドナルドソン内野手がホワイトソックスのティム・アンダーソン内野手に対して差別的発言をしたとされる問題を巡り、ドナルドソンは「一線を越えていた」との見解を示した。 騒動のもとは、先日の両チームによる試合中、白人選手のドナルドソンが黒人選手のアンダーソンを、黒人初の大リーガーであるジャッキー・ロビンソン氏とかけて「ジャッキー」と呼んだこと。...

関連するニュースを読む

ツインズ逆転勝利 無得点から8、9回怒濤の連続反撃で7得点 指揮官「かなり特別な勝利」

MLBの公式球(2020年2月22日)

<ロイヤルズ6-7ツインズ>◇22日(日本時間23日)◇カウフマンスタジアムツインズは6回までに6点を奪われるも、8回に猛反撃を開始すると、9回にジオ・ウルシェラ三塁手が逆転適時打を放ち、チームに勝利をもたらした。 無得点のまま迎えた8回、ホルヘ・ポランコ二塁手の適時打で1点を返すと、マックス・ケプラー右翼手も適時打をマーク。ゲーリー・サンチェス捕手の犠牲フライでポランコが生還し、指名打者カイル・...

関連するニュースを読む

マリナーズ特任コーチ岩隈久志氏「息子が中学で硬式野球」1人の親として「サポートしている」

岩隈久志氏(2020年10月23日)

元メジャーリーガーが、親の立場を経験して、幼少期の野球環境を振り返った。マリナーズ特任コーチの岩隈久志氏(41)が23日、少年野球大会「AIG」×「MLB CUP 2022」の発表会に出席。幼少期を思い返しながら、野球をする子供を持った親としての現状を語った。 岩隈氏は、青山東京ボーイズを立ち上げた。義父の広橋公寿氏らとともに、指導者を務めている。「息子が中学で硬式野球をしている。どこまで自分が挑...

関連するニュースを読む

松坂大輔氏、通算200勝の記念ボールを東尾一族に返還 東尾理子の息子に「引き継ぐ」

松坂大輔氏(2022年5月3日撮影)

前西武の松坂大輔氏(41)が23日、東尾修氏からプロ入り時にもらった通算200勝の記念ボールを東尾一族に返還する意向を示した。修氏の長女、東尾理子さんらと「AIG」×「MLB CUP 2022」の発表会に出席。理子さんの長男へ、ボールを譲渡すると語った。 壇上で、理子さんが、松坂氏に向けた長男のメッセージ動画を流した。「ボールをもらいました。僕もこれから野球を頑張っていきますので応援よろしくお願い...

関連するニュースを読む

コラム

エンゼルス大谷翔平が日米通算150号本塁打達成 トラウト&ハーパーは24歳295日で到達
渡辺史敏 American Report

止まらぬ禁止薬物使用 ブルワーズのメヒア投手、誘惑に負け今季6人目の出場停止処分に

身体能力を増強させる禁止薬物の使用の誘惑に負けてしまう選手が止まらないようだ。ブルワーズのリリーフ投手、J・C・メヒア投手が現地17日、禁止薬物スタノゾロールに陽性反応を示したとして80試合の出場停止処分となった。今シーズン、出場停止処分になった選手はこれで6人目だ。ブルワーズでは4月5日にペドロ・セベリーノ捕手が80試合の出場停止処分なっており、2人目である。 メヒアは昨年11月に現ガーディアン...

室井昌也 韓話☆球題

韓国では「声出し応援」解禁 KIAは今週から応援団全試合帯同 音で野球人気再燃きっかけに

韓国に行ったことがある人なら、日本とは違った騒がしさを感じたことがあるはずだ。店先から絶えず聞こえてくるBGM、人々の話し声、車のクラクション。しばらく滞在すると慣れてしまうが、帰国すると日本の静かさに、「こんなに音がなかったっけ?」と驚いてしまう。音こそが韓国の活気を表すものだ。それは野球場にも言える。 KBOリーグは政府の「新しい日常のためのソーシャルディスタンス義務化措置の解除」を受けて、4...

外国人記者の目

外国人記者の目 筒香嘉智

スロースタートとなった筒香嘉智はスイングを修正中

Yoshi Tsutsugo working on swing after slow start with Pirates 16日の試合で5試合ぶりのヒットを放ったパイレーツの筒香嘉智だが、17、18日は再び無安打。打率は1割6分7厘まで下がった。 再建を進めるパイレーツは、昨年終盤に獲得した筒香とオフに再契約。43試合で8本塁打をマークすると、ようやくメジャーに適応したと捉え、“再建のピースに“...

外国人記者の目 大谷翔平

監督が正しいことを証明した大谷

14日、メジャー通算100号を放った大谷翔平(撮影・江口和貴)

Ohtani proves his skipper is right 4月、左投手の外角スライダーを引っ掛けて二塁ゴロ、右投手の内角に詰まって一塁ゴローーそんな光景が目についた。気づけば、甘いボールさえ打ち損じ、それもまた右方向へのゴロ、というシーンが珍しくなくなった。それがそのまま打撃成績にも直結。4月の打率は2割4分7厘。本塁打はわずか4本だった。 しかし8日のナショナルズ戦で大谷は九回二死か...

外国人記者の目 菊池雄星

菊池雄星はスロースタートで首脳陣をナーバスにさせたが、その流れを変えた

ブルージェイズ菊池雄星

Yusei’s slow start makes some folks in Toronto nervous, but he’s turns it around 開幕からなかなか結果が伴わず、もどかしいピッチングが続いていた菊池雄星(ブルージェイズ)だが、9日の休日にセントラルパークで行った練習の成果があったのか、10日のヤンキース戦では5回までノーヒットノーランの快投。試合そのものは最後、アーロ...

ランキング

大谷翔平、第1打席で先頭打者弾!今季9号で日米通算150本塁打 マルチ安打で快勝/詳細

<エンゼルス4-1アスレチックス>◇22日(日本時間23日)◇エンゼルスタジアムエンゼルス大谷翔平が「1番・指名打者」でアスレチックス戦に先発出場。第1打席で先頭打者弾となる今季9号を放ち、日米通算150本塁打となった。5打数2安打でマルチ安打をマーク。エンゼルスは快勝した。 チーム123456789計 ア0000000101 エ11001010×4 第5打席=内野安打 8回2死一塁 アス...

大谷翔平、日米通算150号!第1打席で先頭打者弾となる今季9号 2試合連続マルチ安打で快勝

エンゼルス対アスレチックス 1回裏エンゼルス無死、日米通算150号となる先制ソロ本塁打を放ち、笑顔を見せる大谷(撮影・江口和貴)

<エンゼルス4-1アスレチックス>◇22日(日本時間23日)◇エンゼルスタジアム「1番DH」で出場したエンゼルス大谷翔平投手(27)が、先頭打者アーチとなる9号ソロで日米通算150号に到達した。 1回無死、左腕アービンと対戦。1ストライクからの2球目、内角から真ん中に入ってきたカーブを完璧に捉え、中堅スタンドへ運んだ。 飛距離は今季最長の433フィート(約132メートル)で、打球速度108・9マイ...

筒香嘉智が捕手モリーナのスローボールを本塁打「おまけみたいなもの。その前の3打席いい内容」

カージナルスは捕手モリーナが登板(AP)

<パイレーツ4-18カージナルス>◇22日(日本時間23日)◇PNCパークパイレーツ筒香嘉智一塁手(30)が「6番DH」でスタメン出場し、2号ソロを放つなど、2打数1安打1打点2四球だった。 試合は、パイレーツ投手陣が打ち込まれ、8回を終わって0-13と一方的な展開。9回は両軍とも野手が登板する展開となった。 9回裏、カージナルスは捕手モリーナが登板。先頭打者の筒香は、フルカウントから時速57マイ...

筒香嘉智が捕手から2号ソロ パイレーツ一方的な展開で大敗 9回は両軍とも野手が登板

カージナルスは捕手モリーナが登板(AP)

<パイレーツ4-18カージナルス>◇22日(日本時間23日)◇PNCパークパイレーツ筒香嘉智一塁手(30)が「6番DH」でスタメン出場し、2号ソロを放つなど、2打数1安打1打点2四球だった。 試合は、パイレーツ投手陣が打ち込まれ、8回を終わって0-13と一方的な展開。9回は両軍とも野手が登板する展開となった。 9回裏、カージナルスは捕手モリーナが登板。先頭打者の筒香は、フルカウントから時速57マイ...

捕手で登板のモリーナ、プホルス「自分の方が良い投球」のジョークに「四球出してない」と反論

パイレーツ戦に登板したカージナルス捕手モリーナ(AP)

<パイレーツ4-18カージナルス>◇22日(日本時間23日)◇PNCパークカージナルスは2回までに7得点と大量リードを奪うと、その後も順当に得点を重ね、18点を奪取。9回にはヤディエル・モリーナ捕手がキャリア初となる“守護神”役でマウンドに上がり、筒香嘉智一塁手と対決した。 先頭打者の筒香は、フルカウントから時速57マイル(約92キロ)のスローボールを捉え、右翼席へ7日以来となる2号ソロ。ここまで...