ワールドベースボール

トップ

助っ人列伝

日本では珍しい兄弟プレーヤー揃い踏み

兄弟でプロ野球選手となる例は日本ではまだまだ少ないが、今季は外国人選手の兄弟がそろって日本でプレーすることになった。ソフトバンクの右腕ロベルト・スアレスの兄であ...

水次祥子の「書かなかった取材ノート」

元横浜マホームズ息子はNFLスター MLBも注目

横浜時代のパット・マホームズ(1998年4月14日撮影)

昨年ドラフトでアスレチックスから1巡目全体9位指名を受けたカイラー・マレー外野手(21=オクラホマ大)が、アメフットの大学最優秀選手に贈られる「ハイズマントロフ...

渡辺史敏 American Report

MLBと教育機関提携 理系離れ防止とファン獲得へ

フェンウェイパークの左翼フェンス「グリーンモンスター」

K-12と呼ばれる幼稚園年長から高校までの学童に対する科学教育の促進のため、MLBは大手メディア企業、ディスカバリー傘下のディスカバリー・エデュケーションと提携...

室井昌也 韓話☆球題

キウムヒーローズ、波乱と激戦の1年乗り越え新たな門出

スポンサー企業の命名権料で球団運営をしているヒーローズは、昨季限りでネクセンタイヤとの契約が満了。今年からはネット証券会社の最大手・キウム証券と5年契約を結び、...

四竈衛のメジャー徒然日記

日米球界新時代 細かい制度を考え直す時期に

巨人岩隈久志

昨季までマリナーズで活躍した岩隈久志が、今季は巨人のユニホーム姿で8年ぶりに日本球界へ復帰することになりました。米ロサンゼルス郊外で自主トレ中の岩隈は、過去数年...

外国人記者の目 菊池雄星

菊池は、大リーグで、そしてイチローとプレイしたいという夢を明確に持っていた。

Kikuchi to realize his dream、 playing in the Majors and with Ichiro 1月3日にシアトルで記...

渡辺史敏 American Report

ぜいたく税対策でMLB報酬額減少、FA市場停滞か

18年10月15日、リーグ優勝決定戦第3戦のセレモニーで整列したドジャースナイン、左から3人目が前田(撮影・菅敏)

AP通信は2018年のMLBにおける選手への報酬支払総額が42億2704万1948ドルとなり、2010年以降で初めて前年を下回ったと報じた。2017年は42億4...

室井昌也 韓話☆球題

尾を引く宣銅烈の悲劇 混迷する韓国代表の監督人選

今年は翌年に控えた東京オリンピック(五輪)への出場権をかけた戦い、プレミア12が11月に行われる。 重要な戦いを前に韓国には解決しなければならない大きな問題があ...

水次祥子の「書かなかった取材ノート」

試合前マー君もレスターも…近年重視のメンタルトレ

ヤンキース田中将大(2018年10月9日撮影=菅敏) 野球選手が試合前にどんなルーティンをしているのかというのは、普段我々の目に触れないだけに興味深い部分だが、...

助っ人列伝

メジャー2年目で球宴もその後は苦労

アスレチックス時代のライアン・クック

メジャー2年目からオールスター選出となれば、若くしてスターの一員。将来に渡って長い活躍が期待される。巨人に入団が決まった右腕ライアン・クックもそうしたスター街道...

四竈衛のメジャー徒然日記

菊池雄星、ガチンコの英語会見で「つかみはOK」

記者の質問に答える菊池雄星(撮影・菅敏=2019年1月3日)

マリナーズ入りが決まった菊池雄星投手(27)が3日(日本時間4日)、本拠地シアトルで入団会見を行いました。とりわけ注目を集め、「つかみはOK」との印象を与えたの...

渡辺史敏 American Report

史上初のロンドン開催で注目Rソックス対ヤンキース

3月29、30日に予定されているアスレチックスとマリナーズの2019シーズン開幕2連戦は2012年以来の日本開催となる。昨シーズンマリナーズの会長付特別補佐に就...

外国人記者の目 大谷翔平

大谷翔平はDHでレギュラー出場すべき

大谷翔平

Ohtani should be the team’s everyーday DH エンゼルスは先月、一塁手、もしくは指名打者のジャスティン・ボアと250万ドル...

室井昌也 韓話☆球題

「打高投低」是正へ規定変更 試合球の反発係数低減

幕を開けた2019年。今年の韓国KBOリーグではリーグ規定に変更がある。それは試合使用球の反発係数の下方調整だ。その背景には長らく続いている「打高投低」の是正が...

助っ人列伝

マルテ 年齢的には全盛期、阪神の新4番候補

阪神と契約を結んだマルテ。左はエステファニー夫人(阪神球団提供)

助っ人外国人の当たり外れがチームの命運を左右する可能性が高いのは当然だが、特に主砲候補となると与える影響は大きい。2018年シーズンに4番として期待したロサリオ...

水次祥子の「書かなかった取材ノート」

続くフライボール革命、オープナー増…MLB予想

エンゼルス大谷翔平(2018年9月27日撮影)

年の瀬の米スポーツメディアでは、メジャーリーグの来季を占う「予想特集」がめじろ押しだ。今季はエンゼルス大谷の二刀流の活躍、オープナーの誕生、試合中のマウンド訪問...

渡辺史敏 American Report

悪質ブローカーさらば キューバ選手MLBへの道筋

過去大活躍したトニー・オリバやトニー・ペレス、ホセ・カンセコなどはもちろん、現役のホセ・アブレイユやアロルディス・チャップマン、ヤシエル・プイグなどMLBには多...

外国人記者の目 イチロー

マリナーズ、大工事中

イチロー

M’s undergoing major revolving roster reconstruction マリナーズはこのオフ、大幅な再建に踏み切った。 今年...

室井昌也 韓話☆球題

韓国から見た近本らプロ入り4選手のアジア大会評価

今年8月にインドネシア・ジャカルタで行われた4年に1度の「アジア版オリンピック」アジア大会。 トッププロで挑んだ野球韓国代表は3大会連続の金メダルを獲得した。し...

四竈衛のメジャー徒然日記

独断と偏見のメジャー「5大ニュース」を発表

イチロー(右)にあいさつするエンゼルス大谷(2018年9月13日撮影)

2018年も、あと数日を残すだけとなりました。今年の日本人メジャー選手は、いつになく故障などに見舞われる傾向が見られましたが、それでも多くの話題を提供してくれま...