ワールドベースボール

四竈衛のメジャー徒然日記

自ら名前を明かす選手 コロナ禍終息へ呼び掛けも

ロイヤルズのサルバドール・ペレス

メジャーの公式戦開幕が決まり、本拠地での“サマーキャンプ”もスタートしました。 キャンプインに先立ち、集合日までに全30球団の選手、スタッフ計3185人が新型コ...

MLB開幕もろ手を挙げて…とは思えないのが現実

エンゼルス大谷翔平

難航していた労使間の交渉が終わり、メジャーリーグが7月下旬に開幕することになりました。野球が戻ってくることで、多くのファンが喜びの声を上げています。たとえ無観客...

ドラフト指名選手減 育成システムの再構築に不安も

エンゼルス・プホルス

2020年のMLB新人ドラフトが、11日(日本時間12日)まで2日間にわたって行われました。今年はコロナウイルス禍の影響で、例年の40巡指名から5巡目までに縮小...

楽観論だけに耳を傾けられない 行き詰まったMLB

MLBの開幕を目指して機構側と選手会の間で続いている交渉が、暗礁に乗り上げています。独立記念日の7月4日までに開幕日を設定していることもあり、6月1日からは「球...

MLB「開幕秒読み」は微妙 社会の不安感は消えず

レイズ筒香嘉智(2020年2月23日撮影)

日本では緊急事態宣言が全国で解除され、プロ野球も6月19日に開幕することが決まりましたが、メジャーでは依然として不透明な状態が続いています。 その一方で、筒香嘉...

MLB開幕へのオーナー陣と選手会の折衝が難航

メジャーの開幕を巡って、MLB機構及びオーナー陣と選手会の間で話し合いが続いています。機構側の提案は、6月中旬にキャンプ、オープン戦を再開し、米国の独立記念日で...

韓国プロ野球の全米生中継 スポーツ待ち望む米国民

ファンのイラストで覆われた韓国プロ野球開幕戦のスタンド(AP)

台湾に続き、韓国でもプロ野球が開幕したことが、米国内でも注目を集めています。スポーツ専門局のESPNが放映権を獲得し、1日1試合、週6試合の生中継を開始しました...

公式戦延期1カ月、見えない先の日程、好転待つしか

メジャーの公式戦が延期となって以来、約1カ月が経過しましたが、依然として今後の日程は見えていません。機構や選手会がさまざまなアイデアを出し合っていますが、具体的...

地区分けで「フロリダ・アリゾナ分散プラン」も浮上

コミッショナーのロブ・マンフレッド氏(17年、撮影・菅敏)

開幕が延期となり、全球団が活動を休止しているMLBが、さまざまな対応策を検討しています。全30球団がアリゾナに集まり、無観客で公式戦を開催する「アリゾナ・プラン...

7月開幕予定の楽観論で120戦可能も…現実的には

大リーグの公式球(2020年2月22日撮影)

新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響で、メジャーの公式戦が延期となり、今後の見通しはまったく立っていません。現時点で5月中の開幕は絶望的で、拡大が終息したと...

ダルビッシュは無人ブルペンに 開幕備えプロの流儀

カブス・ダルビッシュ(2020年2月29日撮影)

新型コロナウイルスの影響で、米国から野球だけでなく、ほぼすべてのスポーツイベントが消えて、2週間近くが経過しました。MLBがオープン戦の中止、開幕戦の延期を決め...

永久追放処分受けた吉川峻平「結果を残すしかない」

吉川峻平(2019年3月4日撮影)

ダイヤモンドバックスの傘下マイナーに所属する吉川峻平投手(25)が、米アリゾナ州スコッツデールで2年目のスタートを切りました。2月上旬に同地入りし、期待の若手選...

元楽天横山「寄せ集め」チームで奮闘、再出発目指す

元楽天の横山は、横手投げに変えて再びプロへの道を目指す

日本から海外でのプロ契約を目指す選手が、メジャーのキャンプ地でもあるアリゾナ州の各地で奮闘しています。 NPBや社会人、大学、高校出身だけでなく、米国、ドミニカ...

初めて背中に「KATOH」メジャー昇格に現実味

フリー打撃で柵越えするマーリンズ加藤(2020年2月17日撮影)

南国のトロピカルな雰囲気が漂うフロリダ州ジュピター。 「こんな遠いところまでわざわざ来てくれたんですか」。 よく日焼けした、屈託のない笑顔は、まったく変わってい...

前田健太、特別な秋山と食事会延期も大舞台で再会を

ツインズのスプリングトレーニングに合流した前田(撮影・山崎安昭)

キャンプイン直前にトレードが成立し、ツインズ入りした前田健太投手が、新天地でのスタートを切りました。 2月4日にトレード合意の一報が流れた一方、その後、各球団間...

“親分”消え中間管理職…10球団が新体制スタート

エンゼルス・マドン監督(19年10月撮影)

ストーブリーグと言えば、大物FA選手の移籍をはじめ、レッドソックスからドジャースへの移籍が決まったムーキー・ベッツらスター選手のトレードなどが大きな話題となりま...

球界の暗黙のルール破った…サイン盗み問題の波紋

アストロズ時代のダラス・カイケル(2017年10月13日撮影)

2017年のワールドシリーズを制したアストロズのサイン盗み問題が、GM、監督解任などの処分決定後も依然として米球界で話題となっています。 当時、先発ローテーショ...

山口俊「つかみはOK」入団会見で感じた笑顔の力

ブルージェイズの入団会見でユニホームに袖を通し、ポーズをとる山口(撮影・菅敏)

あらためて「笑い」や「笑顔」の持つ力を感じた1日でした。 ブルージェイズと正式契約を交わした山口俊投手(32)が、本拠地トロントのロジャーセンターで入団会見を行...

MLB順位予想至難の業 おそらく当たらない?

10月、ヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦に先発し力投するアストロズのコール

2020年を迎え、メジャーのキャンプインまではや1カ月あまりとなりました。昨季終了後、各球団はさまざまな形で補強を進めていますが、今季はどのチームが世界一の頂点...

19年間で別の野球に…イチロー氏が本質のズレ危惧

引退会見を行うマリナーズのイチロー氏(2019年3月21日撮影)

2019年も残りわずかとなりましたが、今年もメジャーではいろいろな変化がありました。 MLB機構は否定していますが「飛ぶボール」の影響で本塁打が激増し、過去の記...

大型契約次々…思い出すボラス氏の“キョトン顔”

スコット・ボラス氏

「日本人選手は、なぜ『年俸などの金額にはさほどこだわらない』と言うのか?」 かつて、ある米国の代理人から質問されたことがありました。 確かに、メジャーを目指す日...

激しく動く捕手市場 例年とは違うストーブリーグ

メッツ時代のトラビス・ダーノー

「常勝チームに名捕手ありき」は、おそらく間違いないような気がします。 ワールドシリーズ終了後、メジャーのストーブリーグが“開幕”しましたが、今オフは、少しばかり...

政治家が異議唱えたマイナーリーグ削減問題に注目

インディアンス傘下3A本拠地で「米国で最も美しいマイナー球場」と言われる「ハンティントン・パーク」

本来、プロスポーツと政治を関連付けることは厄介で、ナンセンスなことでしょう。ただ、今回ばかりは、政治・行政の力が、影響力を持つ可能性があるかもしれません。著名な...

球界揺るがすサイン盗み問題 クセ見破りとは別次元

2017年に球団史上初の世界一に輝いたアストロズが当時、公式戦、さらにワールドシリーズに至るまでサイン盗みを繰り返していたことが告発され、米球界を揺るがしていま...

ナショナルズ“超万馬券”から勝利あきらめず頂点へ

マックス・シャーザー

2019年のメジャーリーグは、ワシントン・ナショナルズが、ワールドシリーズでアストロズを4勝3敗で下し、初の世界一の座に就きました。負ければ終わりのワイルドカー...

チームの足引っ張るアストロズGM補佐の不適切発言

19日、リーグ優勝し、МVPに選ばれたアストロズ・アルテューベ(中央)は、笑顔でトロフィーを手にする(撮影・菅敏)

17年以来、2年ぶりの世界一を目指してワールドシリーズを戦っている真っただ中のアストロズが、グラウンド外での騒動に揺れています。 ブランドン・トウブマンGM補佐...

敵地沈黙のマー君好投 SL運転士もウトウト…沈黙

アストロズとのリーグ優勝決定シリーズの初戦に先発し、6回を投げ1安打無失点に抑え勝利投手のヤンキース田中は、笑顔でガッツポーズを見せる(撮影・菅敏)

まさに、敵地のスタンドを沈黙させる快投でした。ヤンキース田中将大投手(30)がア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)の第1戦に先発し、公式戦でメジャー最高打率2...

「本塁打依存野球」も世界一には細かいプレーが必要

ヤンキースのアーロン・ジャッジ(2018年10月8日撮影)

メジャーリーグの公式戦全日程が終了し、今季は「飛ぶボール」に変わったという声が聞こえていた通り、本塁打の年間最多記録を更新する6776本が全米各地で飛び交いまし...

ヤンキース「大人」の祝宴 ゴールではない地区優勝

地区優勝を決め、シャンパンファイトを楽しむヤンキース田中

志の高さは、言葉以上に態度や行動に表れるものなのでしょうか。 ヤンキースが2012年以来、7年ぶりにア・リーグ東地区で優勝を決めました。なにしろ7年ぶりですから...

10種類の球種操るダルビッシュに米メディアも注目

カブス・ダルビッシュ(2019年5月4日撮影)

カブスのダルビッシュ有投手(33)が、12日のパドレス戦で6回無失点14奪三振の快投を演じ、年間200奪三振に到達しました。4回目となる200Kは、野茂英雄以来...