続きは、有料サイト『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。

サイト紹介

◆外国人記者コラム◆

現地の外国人記者が日本人選手についてさまざまな角度から独自取材。日本人選手を分析!

【無料公開】監督が正しいことを証明した大谷

(2022年5月15日公開)

Ohtani proves his skipper is right

4月、左投手の外角スライダーを引っ掛けて二塁ゴロ、右投手の内角に詰まって一塁ゴローーそんな光景が目についた。気づけば、甘いボールさえ打ち損じ、それもまた右方向へのゴロ、というシーンが珍しくなくなった。それがそのまま打撃成績にも直結。4月の打率は2割4分7厘。本塁打はわずか4本だった。

しかし8日のナショナルズ戦で大谷は九回二死から左中間へ同点二塁打を放ち、続くアンソニー・レンドンのタイムリーで、そのままサヨナラのホームを踏んだ。

結果はもちろんだが、あの打撃で注目されたのは打球方向。センターから左方向に飛んだことで、ジョー・マドン監督は「これでよくなる」と予言。すると翌日、大谷はキャリア初の満塁本塁打を含む2打席連続ホームランを放ち、マドン監督の言葉を証明したのだった。その2本とも、左中間。大谷の調子がいいときの打球方向だった。

悪いときの大谷は「右肩が開いたり、体の重心が一塁側に倒れるので、外角の球が遠くなって、どうしても引っ掛けてしまう」とマドン監督。「しかし、ナショナルズ戦の二塁打は、上手く脇を締め、ボールを引きつけていた」。

それが大谷のいいときの打撃で、5月に入って徐々にそんな形になっていたことから、マドン監督は不振を脱するのは時間の問題と確信していたようだ。

確かに5月に入ってから、センターから左方向への打球が増え、角度もつくようになってきた。しかし、上がりすぎる傾向が強く、大谷自身、「なかなか結果が出ない時は(プロセスを)変えたくなる」と、やや弱気な発言もしている。ただ、そのたびに彼は自分に言い聞かせた。「10打席単位でも結果が出なくてもそれを継続していくことが大事。そこは辛抱強く、我慢しながらやっていきたい」。

正しいと思った取り組みをブレずに継続。ようやく結果が出たのが10日の試合ということになるが、「まだまだ、今日1本、2本打ったからといって、すごく変わるわけではないと思う」と大谷は慎重だ。

「これを継続できるように頑張りたい」

そんな大谷は14日のダブルヘッダー第2試合でメジャー通算100号を達成。 明らかに状態は上向きのようだ。

【マイク・ディジオバンナ】

その他の外国人記者コラムは『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。

◆成績ランキング◆

打率
選手チーム打率
1ウォードエンゼルス0.370
2J・マルティネスレッドソックス0.349
3T・アンダーソンホワイトソックス0.346
4デバースレッドソックス0.3271
5フランスマリナーズ0.3270
本塁打
選手チーム本塁打
1ジャッジヤンキース14
2アルバレスアストロズ12
3スタントンヤンキース11
3トラウトエンゼルス11
3バクストンツインズ11
打点
選手チーム打点
1J・ラミレスガーディアンズ37
2スタントンヤンキース35
3ジャッジヤンキース30
4フランスマリナーズ28
5大谷エンゼルス27
5ストーリーレッドソックス27
防御率
選手チーム防御率
1コーツ・ジュニアヤンキース1.35
2バーランダーアストロズ1.38
3M・ペレスレンジャーズ1.64
4マノアブルージェイズ1.71
5ブラックバーンアスレチックス1.91
勝利数
選手チーム勝利数
1バーランダーアストロズ5
2R・ロペスホワイトソックス4
2シィースホワイトソックス4
2ホルムズヤンキース4
2シンバーブルージェイズ4
2ラスムッセンレイズ4
2ブラックバーンアスレチックス4
2マノアブルージェイズ4
2ライアンツインズ4
2ギルバートマリナーズ4
2コールヤンキース4
2タイヨンヤンキース4
2レイマリナーズ4
2ローレンツェンエンゼルス4
奪三振
選手チーム奪三振
1シィースホワイトソックス67
2マクラナハンレイズ65
3レイマリナーズ58
4ガウスマンブルージェイズ57
5モンタスアスレチックス53
5大谷エンゼルス53
セーブ
選手チームセーブ
1ロマノブルージェイズ13
2ヘンドリックスホワイトソックス12
3チャプマンヤンキース9
4D・ヒメネスアスレチックス8
4R・イグレシアスエンゼルス8
打率
選手チーム打率
1マチャドパドレス0.363
2ゴールドシュミットカージナルス0.327
3ホスマーパドレス0.324
4F・フリーマンドジャース0.322
5クローンロッキーズ0.319
本塁打
選手チーム本塁打
1アロンソメッツ10
1クローンロッキーズ10
1C・ウォーカーダイヤモンドバックス10
4テレスブルワーズ9
4ハーパーフィリーズ9
4アレナドカージナルス9
4シュワルバーフィリーズ9
4レンフローブルワーズ9
4アダムスブルワーズ9
打点
選手チーム打点
1アロンソメッツ36
2テレスブルワーズ32
3アレナドカージナルス31
4クローンロッキーズ30
5J・ターナードジャース29
防御率
選手チーム防御率
1P・ロペスマーリンズ1.57
2マイコラスカージナルス1.68
3ラウアーブルワーズ2.16
4ムスグローブパドレス2.20
5C・バーンズブルワーズ2.26
勝利数
選手チーム勝利数
1ビューラードジャース5
1ウェブジャイアンツ5
1ウェインライトカージナルス5
1シャーザーメッツ5
5T・アンダーソンドジャース4
5ムスグローブパドレス4
5ラウアーブルワーズ4
5ウッドラフブルワーズ4
5P・ロペスマーリンズ4
5スアレスフィリーズ4
5ゴンソリンドジャース4
5グレイナショナルズ4
5メギルメッツ4
5カーショードジャース4
5ダルビッシュパドレス4
5フライドブレーブス4
5バシットメッツ4
5ロドンジャイアンツ4
奪三振
選手チーム奪三振
1C・バーンズブルワーズ62
2シャーザーメッツ59
3ロドンジャイアンツ56
4マナエアパドレス55
4ノラフィリーズ55
セーブ
選手チームセーブ
1ロジャースパドレス15
2ハダーブルワーズ14
3D・バードロッキーズ10
4E・ディアスメッツ9
4ジャンセンブレーブス9

そのほか、安打数、出塁率、勝率、自責点など20項目以上、上位20位までのランキングは『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。