続きは、有料サイト『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。

サイト紹介

◆外国人記者コラム◆

現地の外国人記者が日本人選手についてさまざまな角度から独自取材。日本人選手を分析!

【無料公開】新しい“大谷ルール”から利益得るエンゼルス

(2022年3月31日公開)

大谷翔平がメジャーリーグに来てから、ロースターに“二刀流”という新しいカテゴリーが設けられた。

ただ、そのためには、投手として20イニング以上を投げ、20試合以上(各試合で3打席以上)野手としてスタメン出場しなければならない。そういう選手が増えれば、チームは起用において柔軟性は生まれるが、条件のハードルが高く、これまでそれをクリアしたのは大谷だけ。よって、ルールそのものが有名無実化してしまっていた。

しかし今回、もう少し、現実的なルールが生まれた。なんと、昨年のオールスターで例外的に適用された、投手・指名打者として先発し、降板しても指名打者として出場を続けられるというルールが正式なものとなったのである。少なくとも、今回の新労使協定が有効な5年間は適用される。

もちろん、現時点でこのルールの恩恵を受けるのは大谷しかおらず、早くも“大谷ルール”と呼ばれているが、これで将来、二刀流をやってみたいという子どもたちが増え、ドラフト前にどちらかに絞る必要がなくなれば、新しい可能性が広がる。リーグとしてはそこに狙いがあり、大谷の人気、インパクトを無駄にしたくない、という思惑が透ける。

将来ではなく、“今”ということであれば、エンゼルスに大きなメリットがあり、ジョー・マドン監督は「もちろん、ありがたい」とニンマリだ。

「それが適用されるケースは稀で、実際、そんな投手がいるとは思わないが、我々にとっては素晴らしいニュースだ」

一方で相手の監督にしてみれば、不利益でしかないのだが、極端な抵抗はない。もちろん、大谷本人も歓迎する。

「チーム的にもすごい大きいことかなと思うので、自分が登板するとき、しっかりとそれを生かして、攻める気持ちを持って積極的に頑張りたい」

昨年、先発して早い回で降りた場合、その後の選手起用が難しくなるため、大谷は「チームに迷惑がかかる」と、少なからずプレッシャーを感じていた。そこから開放されるだけでも利点があり、また負けている展開で降板しても、バットで取り返すチャンスが生まれることから、その点でもプラスだ。

ただ、これで大谷はますます休めなくなる。ナ・リーグでもDHが採用されることになったので、今回のルール改正で、大谷は全試合、全イニング、制限なく出場できるようになった。それは同時に、マドン監督にとっては強制的に休ませる選択肢が奪われたことにもなり、今後はどのタイミングで休ませるのか、その点で頭を悩ませなければならない。

疲労の蓄積で成績が下がれば本末転倒だが、大谷という選手の登場でオールスターのルールが変わり、それがそのまま通常のルールともなった。改めて彼のインパクトの大きさを感じさせられる。
【マイク・ディジオバンナ】

その他の外国人記者コラムは『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。

◆成績ランキング◆

打率
選手チーム打率
1ボガーツレッドソックス0.346
2T・アンダーソンホワイトソックス0.339
3フランスマリナーズ0.324
4デバースレッドソックス0.322
5J・マルティネスレッドソックス0.321
本塁打
選手チーム本塁打
1ジャッジヤンキース12
2アルバレスアストロズ11
2バクストンツインズ11
4スタントンヤンキース10
4リゾヤンキース10
打点
選手チーム打点
1J・ラミレスガーディアンズ33
2スタントンヤンキース32
3大谷エンゼルス27
3ジャッジヤンキース27
5フランスマリナーズ25
防御率
選手チーム防御率
1コーツ・ジュニアヤンキース1.35
2バーランダーアストロズ1.38
3コペックホワイトソックス1.54
4マノアブルージェイズ1.71
5M・ペレスレンジャーズ2.01
勝利数
選手チーム勝利数
1バーランダーアストロズ5
2R・ロペスホワイトソックス4
2ホルムズヤンキース4
2シンバーブルージェイズ4
2ブラックバーンアスレチックス4
2マノアブルージェイズ4
2ライアンツインズ4
2ギルバートマリナーズ4
2レイマリナーズ4
2ローレンツェンエンゼルス4
奪三振
選手チーム奪三振
1シィースホワイトソックス58
1マクラナハンレイズ58
3ガウスマンブルージェイズ54
4モンタスアスレチックス53
5レイマリナーズ50
セーブ
選手チームセーブ
1ロマノブルージェイズ12
2ヘンドリックスホワイトソックス10
3チャプマンヤンキース8
3R・イグレシアスエンゼルス8
5クラッセガーディアンズ7
5バーローレンジャーズ7
打率
選手チーム打率
1マチャドパドレス0.359
2ホスマーパドレス0.350
3ベルナショナルズ0.333
4ボームフィリーズ0.315
5ゴールドシュミットカージナルス0.312
5アレナドカージナルス0.312
本塁打
選手チーム本塁打
1ハーパーフィリーズ9
1クローンロッキーズ9
1シュワルバーフィリーズ9
1レンフローブルワーズ9
1アダムスブルワーズ9
打点
選手チーム打点
1テレスブルワーズ29
1アロンソメッツ29
1アレナドカージナルス29
4ハーパーフィリーズ27
4クローンロッキーズ27
防御率
選手チーム防御率
1P・ロペスマーリンズ1.05
2マイコラスカージナルス1.49
3M・ケリーダイヤモンドバックス1.71
4C・バーンズブルワーズ1.77
5キンタナパイレーツ2.19
勝利数
選手チーム勝利数
1ウェブジャイアンツ5
2ムスグローブパドレス4
2ビューラードジャース4
2ウッドラフブルワーズ4
2P・ロペスマーリンズ4
2スアレスフィリーズ4
2ゴンソリンドジャース4
2グレイナショナルズ4
2メギルメッツ4
2ウェインライトカージナルス4
2カーショードジャース4
2シャーザーメッツ4
2フライドブレーブス4
2バシットメッツ4
2ロドンジャイアンツ4
奪三振
選手チーム奪三振
1C・バーンズブルワーズ57
2ロドンジャイアンツ56
3シャーザーメッツ55
3ノラフィリーズ55
5ライトブレーブス50
5マナエアパドレス50
セーブ
選手チームセーブ
1ハダーブルワーズ14
2ロジャースパドレス13
3D・バードロッキーズ9
4E・ディアスメッツ8
4ジャンセンブレーブス8

そのほか、安打数、出塁率、勝率、自責点など20項目以上、上位20位までのランキングは『ワールドベースボール』(月額220円)でご覧ください。