au版 日刊スポーツ競馬

日刊スポーツ競馬

コンピ分析


⇒コンピ指数とは 

◆コンピ分析『オールカマー(G2)』

ポイント(1)指数1~3位から1頭以上は馬券に絡む

過去5年のオールカマーは1~3位から1頭以上が必ず馬券になっている。
(1段目:年 2段目以下:1~3位で馬券になった例)

16年
1位=1着
3位=2着

17年
1位=2着

18年
1位=1着
2位=2着
3位=3着

19年
3位=2着

20年
2位=2着

21年 ?

⇒ちなみに過去5年だけでなく、96年以降で1~3位がすべて馬券圏外に飛んだ例はない。3頭すべて馬券から外すのは無謀!


ポイント(2)リンクにかけろ!

オールカマーと東海Sの指数順位がリンクしている。
(1段目:年、2段目:東海Sの1→2→3着の指数順位、3段目:オールカマーの1→2→3着の指数順位 「」がリンク)

16年
東 4位→「3位」→「1位」
オ 「1位」→「3位」→5位

17年
東 「1位」→14位→10位
オ 4位→「1位」→5位

18年
東 「1位」→13位→5位
オ 「1位」→2位→3位

19年
東 1位→2位→「3位」
オ 4位→「3位」→6位

20年
東 「2位」→3位→1位
オ 6位→「2位」→4位

21年
東 2位→6位→11位
オ ?

⇒今年は「2位」「6位」「11位」! ちなみに08年からリンクしている。


ポイント(3)リンクにかけろ!2

オールカマーと目黒記念の指数順位がリンクしている。
(1段目:年、2段目:目黒記念の1→2→3着の指数順位、3段目:オールカマーの1→2→3着の指数順位 「」がリンク)

16年
目 「3位」→「1位」→10位
オ 「1位」→「3位」→5位

17年
目 「5位」→「1位」→12位
オ 4位→「1位」→「5位」

18年
目 9位→12位→「2位」
オ 1位→「2位」→3位

19年
目 「3位」→9位→8位
オ 4位→「3位」→6位

20年
目 「2位」→8位→「6位」
オ 「6位」→「2位」→4位

21年
目 5位→2位→15位
オ ?

⇒今年は「2位」「5位」「15位」の出番。この流れなら今年も2位が出そうな気がしますが・・・。ちなみにこちらは05年からリンク継続中。


ポイント(4)奇数開催年の枠番連動

97年以降の奇数開催年でセントライト記念とオールカマーの枠番が連動している。
(1段目:年、2段目:セントライト記念の1→2→3着の枠番、3段目:オールカマーの1→2→3着の枠番 「」が連動)

97年
セ 4→「6」→5
オ 「6」→8→2

99年
セ 6→3→「4」
オ 7→「4」→5

01年
セ 3→「4」→3
オ 6→5→「4」

03年
セ 「2」→4→6
オ 7→8→「2」

05年
セ 「8」→4→2
オ 「8」→1→5

07年
セ 4→1→「6」
オ 3→「6」→8

09年
セ 「8」→6→7
オ 「8」→5→2

11年
セ 「6」→「1」→7
オ 7→「1」→「6」

13年
セ 「2」→「5」→「5」
オ 6→「2」→「5」

15年
セ 7→「3」→「2」
オ 「2」→「3」→5

17年
セ 「3」→「4」→2
オ 「3」→「4」→5

19年
セ 「4」→「1」→「1」
オ 8→「1」→「4」

21年
セ 2→7→6
オ ?

⇒セントライト記念の1~3着の枠番2枠、7枠、6枠に、オールカマーの指数1~3位(ポイント1参照)が入ったら、その馬から狙ってもいい。


◆コンピ分析『神戸新聞杯(G2)』

ポイント(1)指数1位が断然!

過去5年の神戸新聞杯は指数1位が【5・0・0・0】とすべて1着!
(左から年、1位の指数=着順)

16年 90=1着
17年 82=1着
18年 83=1着
19年 86=1着
20年 88=1着
21年 ?

⇒96年以降で指数1位が馬券圏外へ飛んだのは96、07年の2年だけ! ちなみに1位が83~88なら【8・0・2・0】と複勝率100%! 安心して買える!


ポイント(2)リンクにかけろ!

神戸新聞杯とオークスの指数順位がリンクしている。
(1段目:年、2段目:オークスの1→2→3着の指数順位 3段目:神戸新聞杯の1→2→3着の指数順位 「」の順位がリンク)

16年
オ 「1位」→2位→8位
神 「1位」→4位→5位

17年
オ 「1位」→6位→「2位」
神 「1位」→「2位」→3位

18年
オ 「1位」→4位→2位
神 「1位」→3位→5位

19年
オ 「2位」→16位→「1位」
神 「1位」→「2位」→3位

20年
オ 「1位」→6位→14位
神 「1位」→3位→17位

21年
オ 2位→3位→18位
神 ?

⇒この流れから今年は「2位」「3位」「18位」が候補。1位の相手に選ぶもよし、この3つの指数から軸を選んで流すもよし。ちなみに09年から12年連続でリンク継続中!


ポイント(3)指数2位を押さえるべき時は?

指数1位と2位の指数差に注目すると、押さえた方がいいかがわかる!
(1段目:年 2段目:1位の指数 3段目:2位の指数 4段目:指数の差と結果 ※着外は4着以下)

16年
1位90
2位70
1位と2位の差=20 結果・・・2位は着外

17年
1位82
2位71
1位と2位の差=11 結果・・・2位は2着

18年
1位83
2位71
1位と2位の差=12 結果・・・2位は着外

19年
1位86
2位76
1位と2位の差=10 結果・・・2位は2着

20年
1位88
2位65
1位と2位の差=23 結果・・・2位は着外

⇒1位と2位の差が11以下なら押さえた方がいい。

ちなみに過去10年に広げても・・・
11年
1位88
2位71
1位と2位の差=17 結果・・・2位は2着

12年
1位84
2位76
1位と2位の差=8 結果・・・2位は1着

13年
1位90
2位66
1位と2位の差=24 結果・・・2位は3着

14年
1位88
2位74
1位と2位の差=14 結果・・・2位は着外

15年
1位82
2位64
1位と2位の差=18 結果・・・2位は着外

⇒1位と2位の差が12以上あれば消し! という風にはいかないのが残念。あくまでも11以下なら押さえましょうってことで・・・。


ポイント(4)今年も中京競馬場!

1990年以降に行われた中京競馬場での神戸新聞杯は5回。そのすべてで7、8枠が連対している。
(1段目:年、2段目:1着→2着の枠番 「」が7、8枠)

90年
2→「7」

91年
5→「8」

94年
6→「7」

06年
「7」→1

20年
1→「8」

⇒今年も指数1位の相手には外枠の馬を狙うべし!


【コンピ分析・細井厚志】


プレミアム競馬サイト『極ウマ・プレミアム』(月額880円)では、コンピ分析以外にも様々なコンテンツを掲載中です!
auかんたん決済版『極ウマ・プレミアム』へ
※別サイトに移動します。