7月9日(月)に北海道・苫小牧市のノーザンホースパークで、セレクトセール2018の1歳馬セッションが行われた。

 初日は17年に生まれた1歳馬が233頭上場。最高値をつけたのはディープインパクト産駒の牡馬「キングスローズの2017」の2億5000万円だった。

 ディープインパクト産駒は33頭が上場され、10頭が1億円オーバー。他ではキングカメハメハ産駒とハーツクライ産駒が4頭ずつ、ジャスタウェイ産駒、ブラックタイド産駒、アメリカンファラオ産駒が1頭ずつ1億円を超え、1億オーバーは合計23頭と活況を呈した。

 なお、1日目の総売上は96億7450万円、平均価格は4585万円。落札率は90・6%だった。


初日(1歳馬セッション)の高額馬ベスト5

❶上場No.21 キングスローズの2017(父ディープインパクト) 

2億5000万円 落札者・(株)ダノックス

❷上場No.13  ミスセレンディピティの2017(父キングカメハメハ)

2億4000万円 落札者・小笹 芳央氏

❸上場No.26  ライフフォーセールの2017(父ハーツクライ)

2億3000万円 落札者・近藤 利一氏

❹上場No.92  ソーメニーウェイズの2017(父ハーツクライ)

2億円 落札者・(株)ダノックス

❺上場No.52  ジンジャーパンチの2017(父ディープインパクト)

1億9000万円 落札者・金子真人ホールディングス(株)

❺上場No.100  リッスンの2017(父ディープインパクト)

1億9000万円 落札者・トニー倶楽部


リアアントニアの18が最高額/セレクト2日目詳細 詳細記事


セレクトセール2018・初日(1歳馬部門)

上場No.1 サマーハの2017・牡

父ハーツクライ。半兄シャケトラは日経賞を勝ち、日経新春杯2着、宝塚記念4着などがある実績馬。5000万円スタートでアッと言う間に1億円も突破。早野誠氏が1億3500万円で落札。

1億3500万円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「サマーハの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億3500万円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「サマーハの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.3 エルダンジュの2017・牝

この日最初に登場したロードカナロア産駒。アドマイヤスピカの半妹は5200万円で山口功一郎氏が落札。

上場No.9 フラーテイシャスミスの2017・牡

父マジェスティックウォリアー。全兄ベストウォーリアは統一G1の南部杯を2勝するなど9勝。9600万で金子真人ホールディングス(株)が落札。

上場No.13 ミスセレンディピティの2017・牡

父キングカメハメハ。母はアルゼンチンとアメリカのG1を勝った名牝。この日2頭目の1億超えで初の2億超え。ここまでで最高の2億4000万円で落札。落札者は「ホウオウ」の冠で知られる小笹芳央氏。

2億4000万円で落札されたキングカメハメハ産駒のミスセレンディピティの2017(撮影・佐藤翔太)
2億4000万円で落札されたキングカメハメハ産駒のミスセレンディピティの2017(撮影・佐藤翔太)

上場No.15 ベルベットローブの2017・牝

この日最初に登場したオルフェーヴル産駒。アドマイヤサガスの半妹は3200万円で山口功一郎氏が落札。

上場No.19 マルシアーノの2017・牝

今年の1歳馬が初年度産駒となるエピファネイアの牝馬は、(株)レッドマジックが4200万で落札。

上場No.21 キングスローズの2017・牡

この日初登場のディープインパクト産駒はサトノアーサーの全弟。1億円スタートでこの日2頭目の2億超え。ここまでで最高の2億5000万円で(株)ダノックスが落札。

2億5000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「キングスローズの2017」(撮影・佐藤翔太)
2億5000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「キングスローズの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.26 ライフフォーセールの2017・牡

父ハーツクライ。母はアルゼンチンG1を2勝。この日3頭目の2億超え。2億3000万円で落札。落札者は「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏。

2億3000万円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「ライフフォーセールの2017」(撮影・佐藤翔太)
2億3000万円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「ライフフォーセールの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.30 仮ズマティックゴールドの2017・牡

今年の1歳馬が初年度産駒となるリアルインパクトの子が初登場。鈴木邦英氏が3700万円で落札。

上場No.33 サファリミスの2017・牝

父ディープインパクト。母はアルゼンチンG1を2勝。牝馬としては初めて1億超え。1億1500万円で「ミッキー」の冠名でおなじみ野田みづき氏が落札。

1億1500万円で落札されたディープインパクト産駒の牝馬「サファリミスの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億1500万円で落札されたディープインパクト産駒の牝馬「サファリミスの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.38 ファイナルスコアの2017・牡

父ブラックタイド。母はアイルランド産でイタリアG1の勝ち馬。1億4000万円でKTレーシングが落札。

1億4000万円で落札されたブラックタイド産駒の牡馬「ファイナルスコアの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億4000万円で落札されたブラックタイド産駒の牡馬「ファイナルスコアの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.46 ミッキーパールの2017・牝

今年の1歳馬が初年度産駒となるキズナの子。母の近親には天皇賞・秋を制したトーセンジョーダン、ダービー3着のトーセンホマレボシなどがいる。DMM.comが2500万円で落札。

上場No.50 ブルーミンバーの2017・牡

父ディープインパクト。母は芝の短距離路線で活躍し、7勝を挙げた。1億円で「トーセン」の冠名でおなじみ島川隆哉氏が落札。

1億円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ブルーミンバーの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ブルーミンバーの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.52 ジンジャーパンチの2017・牡

父ディープインパクト。母はアメリカ古馬牝馬チャンピオン。半姉ルージュバックは牡馬相手の重賞を4勝し、オークス2着。1億9000万円で金子真人ホールディングス(株)が落札。

1億9000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬ジンジャーパンチの2017(撮影・佐藤翔太)
1億9000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬ジンジャーパンチの2017(撮影・佐藤翔太)

上場No.63 インネートグレイスの2017・牡

父ディープインパクト。母父プルピットで、皐月賞馬アルアインとよく似た配合。7800万円で廣崎利洋HD(株)が落札。

上場No.65 シングライクバードの2017・牡

父スクリーンヒーロー。半姉シングウィズジョイはフローラSを制し、エ女王杯2着。窪田芳郎氏が1億円で落札。

1億円で落札されたスクリーンヒーロー産駒の牡馬「シングライクバードの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億円で落札されたスクリーンヒーロー産駒の牡馬「シングライクバードの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.71 ノヴァホークの2017・牡

父ディープインパクト。母はフランス、イタリアで5勝。「サトノ」の冠名でおなじみ(株)サトミホースカンパニーが1億6000万円で落札。

1億6000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ノヴァホークの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億6000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ノヴァホークの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.72 クリスプの2017・牡

父はアメリカの年度代表馬で、今年の1歳馬が初年度産駒となるアメリカンファラオ。母もG1馬。(株)ダノックスが1億8000万円で落札。

上場No.75 オーサムフェザーの2017・牝

父ディープインパクト。母はアメリカの2歳牝馬チャンピオン。(株)インゼルが9600万円で落札。

上場No.82 ワイの2017・牡

父ディープインパクト。母はアイルランド産で父はガリレオ。廣崎利洋HD(株)が1億2000万円で落札。

1億2000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ワイの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億2000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ワイの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.83 エアマグダラの2017・牡

父キングカメハメハ。半兄エアアンセムはホープフルSなど4勝。「カフェ」の冠名で知られる西川光一氏が1億円で落札。

上場No.85 コズミックショアの2017・牡

今年の1歳馬が初年度産駒となるカレンブラックヒルの子が初登場。近藤利一氏が4200万円で落札。

上場No.92 ソーメニーウェイズの2017・牡

父ハーツクライ。母はアメリカのG1馬。この日4頭目の2億超えとなる2億円ジャストで、(株)ダノックスが落札。

2億円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「ソーメニーウェイズの2017」(撮影・佐藤翔太)
2億円で落札されたハーツクライ産駒の牡馬「ソーメニーウェイズの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.94 ワイルドラズベリーの2017・牝

父キングカメハメハ。母は白百合Sと紅梅Sを勝ち、ローズS2着。野田みづき氏が1億3500万円で落札。

上場No.95 ベガスナイトの2017・牡

父ハーツクライ。半兄アメリカズカップは、きさらぎ賞など4勝を挙げる。三崎優太氏が1億1000万円で落札。

上場No.100 リッスンの2017・牡

父ディープインパクトで、母はイギリスG1勝ち。トニー倶楽部が1億9000万円で落札。

1億9000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「リッスンの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億9000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「リッスンの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.104 ドバウィハイツの2017・牡

父ディープインパクト。母はアメリカのG1馬で半姉リバティハイツはフィリーズR勝ち。(株)サトミホースカンパニーが1億8000万円で落札。

1億8000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ドバウィハイツの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億8000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ドバウィハイツの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.109 マリアロワイヤルの2017・牡

父ジャスタウェイ。母はフランスで4勝。谷掛龍夫氏が1億2500万円で落札。

1億2500万円で落札されたジャスタウェイ産駒の牡馬「マリアロワイヤルの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億2500万円で落札されたジャスタウェイ産駒の牡馬「マリアロワイヤルの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.116 アゼリの2017・牡

父ディープインパクト。母はアメリカの年度代表馬で、アメリカ古馬牝馬チャンピオン3回の名牝。金子真人ホールディングス(株)が1億4000万円で落札。

1億4000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「アゼリの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億4000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「アゼリの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.118 ティッカーコードの2017・牡

今年の1歳が初年度産駒となるワールドエースの子が初登場。母の母はアメリカンオークスやクイーンエリザベス2世Cを制した名牝で、今回が初子。Vortex Bloodstockが3900万円で落札。

上場No.123 メジロツボネの2017・牡

父ディープインパクト。半兄グローリーデイズはきさらぎ賞2着。廣崎利洋HD(株)が8400万円で落札。

上場No.124 グローバルピースの2017・牡

父クロフネ。ヴィクトリアMなど重賞を5勝したホエールキャプチャの全弟。阿部友弘氏が4800万円で落札。

上場No.138 アイランドファッションの2017・牡

父ロードカナロア。母はアメリカのG1を3勝。半姉パシフィックギャルはフラワーC2着。半兄サトノソルタスは共同通信杯2着。江馬由将氏が6000万円で落札。

上場No.144 ウォッチハーの2017・牡

父ディープインパクト。母はアルゼンチンG1の勝ち馬。(株)サラブレッドクラブライオンが1億1000万円で落札。

1億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ウォッチハーの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬「ウォッチハーの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.145 ディラローシェの2017・牡

父キングカメハメハ。半兄フェノーメノは天皇賞・春を連覇した名ステイヤー。三崎優太氏が5800万円で落札。

上場No.151 グリューネワルトの2017・牡

今年の1歳が初年度産駒となるトゥザワールドの子が初登場。母はスペシャルウィーク産駒で2勝。里見美惠子氏が4100万円で落札。

上場No.154 ヘアキティーの2017・牝

父オルフェーヴル。母はアメリカG1の勝ち馬。(株)Shadowが7200万円で落札。

上場No.156 スペシャルグルーヴの2017・牡

父キングカメハメハ。母は名牝エアグルーヴを祖母に持つ。河合純二氏が1億2000万で落札。

1億2000万円で落札されたキングカメハメハ産駒の牡馬「スペシャルグルーヴの2017」(撮影・佐藤翔太)
1億2000万円で落札されたキングカメハメハ産駒の牡馬「スペシャルグルーヴの2017」(撮影・佐藤翔太)

上場No.175 ナイトマジックの2017・牡

父ディープインパクト。母はドイツオークスとバーデン大賞典の覇者。全兄フォイヤーヴェルクは芝2400メートルで3勝。窪田芳郎氏が1億1000万円で落札。

1億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬ナイトマジックの2017(撮影・佐藤翔太)
1億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬ナイトマジックの2017(撮影・佐藤翔太)

上場No.230 ナミダガキラリの2017・牡

父オルフェーヴル。母はフサイチペガサス産駒。成塚清志氏が4100万円で落札。

上場No.232 ミラクルワウの2017・牡

父ルーラーシップ。母の母はカナダG1の勝ち馬で14勝を挙げた。大城敬三氏が6200万円で落札。

上場No.243 マイスィートベイビーの2017・牡

トリを飾ったのはキズナ産駒。母はイタリアでG3を含む9勝を挙げた。保坂和孝氏が4300万円で落札。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ