<函館記念:追い切り>

 2頭出し斎藤誠厩舎は、ブラックバゴ(牡6)が芝コースでラスト11秒2と鋭く伸びて併走馬に2馬身先着。

 クラウンディバイダ(牡5)も同コースを単走馬なりで軽快に駆け抜けた。バゴの手綱を取った岩田騎手は「休み明けの分、立派すぎる。レースまでにいい感じでいって欲しい」と話した。

 クラウンについて斎藤誠師は「今、調子がいいんだと思う。自分の形になるとしぶとい。逃げ切りを狙いたい」とハナは譲らない構えだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ