<宝塚記念:1週前追い切り>

 元気な8歳牝馬スマートレイアー(大久保)は新コンビの松山騎手を背に、栗東Cウッドで3歳500万の2頭を追いかけた。

 直線も外を回った分、最先着のダノンフォーチュンには追いつかなかったが、ニッポンテイオーに2馬身先着。6ハロン80秒9-11秒7と時計も上々。鞍上も「いい動き。しまいもしっかりしていた」と好感触を得ていた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ