女王アーモンドアイは桜花賞と同じ13番枠から2つ目の栄冠を狙う。枠を確認した国枝師は「どこでもいいよ。枠順より着順が大事。桜花賞と同じ枠なの? まあ、吉兆ということで。ラッキーライラックも内枠で似てるな。じゃあ結果も一緒かなあ」とひょうひょうと2冠奪取を見据えた。

 枠順同様、レースまでの過程も前走を踏襲する。東京で競馬に出走する美浦所属馬は基本的に当日朝に移動するが、今回は前日19日に競馬場入り。「前回も前々回も前日に競馬場へ持っていっている。同じパターンでいく」。繊細な3歳牝馬。豪脚を見せつけた桜花賞、シンザン記念時のリズムを崩さず競馬に向かえるよう、配慮は欠かさない。

 この日は厩舎周りの運動で調整を行った。「何も問題はないよ。見た感じは馬体も増えているね」と師。全てが予定通り。肩の力を抜いて、大一番を待つだけだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ