3歳牝馬のフラワーC(G3、芝1800メートル、17日=中山)で、ノーブルカリナン(牝、友道)がさらに良化気配だ。

 「使うたびに良くなっている」と友道師。前走エルフィンSは2着惜敗も「内と外で離れた分もあった。馬体が合っていれば、際どかったと思う」と悲観はしていない。新潟デビューで輸送も経験済み。「しぶとく長い脚を使うし、距離が延びて良くなるタイプだと思う」と期待十分だ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ