チューリップ賞を制した2歳女王ラッキーライラックが断然の主役だ。デビューから4戦4勝。本番と同じ舞台の阪神JFと前走を完勝しており、死角は見当たらない。同2着のマウレア、3着リリーノーブルも上位を形成する。

 フィリーズレビューの上位3頭はいずれも末脚が武器。逆に、アネモネSを勝ったハーレムラインは先行力で対抗する。

 トライアルと別路線にも好素材がいる。シンザン記念を大外一気で圧勝したアーモンドアイは相当な大器。フェアリーS1着プリモシーン、エルフィンS勝ちレッドサクヤのディープインパクト産駒2頭も怖い存在。フラワーCに出走予定の札幌2歳S覇者ロックディスタウンも要注目。【伊嶋健一郎】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ