クリストフ・ルメール騎手(38)は27日の東京4Rギャラッド(1着)に騎乗した際、決勝線手前で内側に斜行し、ブラックデビル(2着)の進路が狭くなったため、2月3日から同11日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止となった。

 同騎手は2017年12月23日に不注意騎乗により1月6日から同13日まで騎乗停止処分を受けており、短期間に同様の不注意騎乗を行ったため、加重制裁となった。

 これにより2月11日の京都記念(G2、芝2200メートル)で始動戦を迎える17年のダービー馬レイデオロ(牡4、藤沢和)は、短期免許で来日予定のダリオ・バルジュー騎手(41=イタリア)が騎乗する。ルメール騎手は「残念。レイデオロにも乗りたかった」と悔やんだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ