牝馬3冠の最終戦・秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が13日、確定した。

 NHKマイルCで牡馬を蹴散らしたアエロリット(菊沢)は1枠1番、桜花賞以来の2冠目を狙うレーヌミノル(本田)は6枠12番、トライアルの勝ち馬ではローズSのラビットラン(角居)が1枠2番、紫苑Sのディアドラ(橋田)が7枠14番、リスグラシュー(矢作)は4枠7番、ファンディーナ(友道)は8枠16番に入った。

 勝ち馬投票券は14日から全国のウインズ、競馬場などで発売される。

<秋華賞:確定枠順>

1枠1番 アエロリット

1枠2番 ラビットラン

2枠3番 ブラックオニキス

2枠4番 モズカッチャン

3枠5番 ブラックスビーチ

3枠6番 メイショウオワラ

4枠7番 リスグラシュー

4枠8番 カワキタエンカ

5枠9番 ハローユニコーン

5枠10番 タガノヴェローナ

6枠11番 ミリッサ

6枠12番 レーヌミノル

7枠13番 リカビトス

7枠14番 ディアドラ

7枠15番 ヴゼットジョリー

8枠16番 ファンディーナ

8枠17番 ポールヴァンドル

8枠18番 カリビアンゴールド

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ