ローズSで有力視されていたアドマイヤミヤビ(牝3、友道)が13日、左前脚の屈腱炎で同レースを回避することになった。全治は未定だが長期の療養を要し、秋華賞(G1、芝2000メートル、10月15日=京都)も回避する。

 13日にC・ルメール騎手が騎乗し追い切られたが、その後、歩様に異常があり左前脚を気にするそぶりを見せた。精密検査をおこなった結果、故障が判明した。友道師は「追い切りの動きは良かったし、その後のあがり運動の時も普通だったけど、洗い場に入った時におかしくなった。とても残念です」と、無念の表情だった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ