<宝塚記念:1週前追い切り>

 大阪杯6着のサトノクラウン(牡5、堀)は、ウッドコースでサトノメサイア(古馬1000万)と併せた。

 1馬身追走から直線いっぱいに追われて1馬身遅れ。5ハロン68秒6、上がり38秒4-12秒5。森助手は「少し遅れましたが時計はまずまず。負荷もかけられたし、順調にきています」と及第点を与えた。前走はスピード競馬に対応できなかったが「今度は距離が1ハロン延びるので」と京都記念と同じ2200メートルで巻き返す。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ