<ダービー:1週前追い切り>

 競馬の祭典、ダービー(G1、芝2400メートル、28日=東京)の1週前追い切りが18日、東西トレセンで行われた。上位独占を狙う池江勢は、皐月賞馬アルアイン(牡3)がCウッドで古馬相手に先着。好気配をアピールした。

 合図を待って、アルアインが一気に加速した。松山騎手を背に、ステイインシアトル(古馬オープン)を捉えにかかる。Cウッドでの1週前追い。馬場の八分どころから内を突くと、3馬身ほどあった差はみるみるうちに縮まった。6ハロン81秒4-12秒3。ゴールではきっちり半馬身抜け出した。

 皐月賞馬は進化を続ける。松山騎手は「硬さもなく順調にきている。道中の感触も反応も良かった。前走と比べても、いいのではという感じの動き」とうなずいた。5戦4勝で1冠を制し、唯一の敗戦は大きな不利を受けたシンザン記念(6着)だけ。池江師も「皐月賞が終わってさらに成長していますね。体もそうだし、精神的にも。全体的に走りが低くなった」と2冠奪取に色気を見せる。

 立ちはだかるのは距離。初めての2400メートルがどうかだが、レコード決着、最内から盛り返した前走の走りに克服の可能性を見た。池江師は「どんな競馬でも対応するし、掛かるわけでもない。どのポジションでも流れに乗れる」と自信を深める。皐月賞で見せた操縦性の高さをもってすれば、2ハロンの距離延長は問題ない。ダービー馬の称号を得るとともに、世代最強を証明する。【松田直樹】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ