<天皇賞・春:1週前追い切り>

 V2&リベンジへ、不安は見当たらない。天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の1週前追い切りが19日、東西トレセンで行われ、昨年の覇者キタサンブラック(牡5、清水久)がCウッドで6ハロン82秒7-11秒7と力強い伸びを見せた。有馬記念で敗れたサトノダイヤモンド(牡4、池江)を倒し、史上4頭目の春連覇を目指す。

 やや頭の高い独特のフォームで、王者キタサンブラックが余力たっぷりに駆け抜けた。いつものCウッドで、馬なりのままラスト1ハロン11秒7。アキトクレッセント(古馬1600万)に半馬身先着した。調整役の黒岩騎手は「動きは良かった。気負っていたのが抜けて雰囲気が良くなった。いい時の風格がある」と歯切れ良く説明した。

 不安など何もない。休み明けの大阪杯を完勝。たたき2走目で大一番を迎える。清水久師は「前走の後、ダメージもなかった。もちろん上積みはあると思う。もう、しゃべることがない。聞くこともないでしょ?」と余裕に満ちた笑みを浮かべた。春の盾は昨年に制した一戦で、京都は3戦3勝。開幕2週目の絶好馬場も味方になりそうだ。

 リベンジに燃える。最大のライバルは、昨年の有馬記念で首差の敗戦を喫したサトノダイヤモンド。武豊騎手は「あの着差は何とでもなる。JCとこないだの大阪杯は抜けて強かった。(有馬記念は)そこまでの感触じゃなかった。去年よりメンバーは強いけど、(ブラックが)去年より強くなっているのは間違いない」と自信をにじませる。同じ相手に2度も敗れるわけにはいかない。頂上決戦を制し、現役最強を証明する。【太田尚樹】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ