<香港カップ>◇13日=シャティン◇G1◇芝2000メートル◇出走13頭

 武豊騎手(46)が手綱を取ったエイシンヒカリ(牡4、坂口)が、鮮やかに逃げ切った。

 マイペースからの危なげない逃げ切りでG1初制覇。2番人気で9着に敗れた天皇賞・秋のリベンジを果たした。

 2着にヌーヴォレコルト(牝4、斎藤)が入り、日本馬がワンツーを決めた。

 武豊騎手は香港では01年香港ヴァーズ(ステイゴールド)以来のG1・2勝目、海外では07年ドバイデューティフリー(アドマイヤムーン)以来のG1・8勝目。会心の勝利を「楽に先手を取れた。直線に入って加速し、残り100メートルで勝利を確信した。やっと勝てたレースだし、先代オーナーが香港競馬に情熱を持っていたので、勝利できて良かった」と振り返った。

 ヌーヴォレコルト(2着)斎藤師 逃げ馬にうまく逃げられてしまった。2着続くで残念だが、マルチな脚を使えるようになってきたのは収穫。

 ステファノス(10着)戸崎騎手 調子は良かったが、内に入れず、外になってしまい、ちょっと厳しいレースになった。

 サトノアラジン(11着)マクドナルド騎手 前残りのレースになり、リズムに乗せられなかった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ