昨年の2歳女王ラッキーライラック(牝3、松永幹)が、右後肢球節部の腫れによる影響で、秋初戦に予定していたローズS(G2、芝1800メートル、9月16日=阪神)を見送ることが決まった。所有するサンデーレーシングの公式サイトで10日に発表された。

 オークスで3着に敗れた後は栗東近郊のノーザンファームしがらきで調整中。症状は治まりつつあるものの、大事をとって予定を見直した。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ