7月7日の開成山特別で4年8カ月ぶりの平地戦を勝利で飾った「障害の絶対王者」オジュウチョウサン(牡7、和田正)の次走が、9月22日中山の九十九里特別(1000万、芝2500メートル)に決まった。7日、和田正師が明らかにした。鞍上は引き続き武豊騎手になる。

 和田正師は「今後の方向性が決まりました。格上挑戦の形(現在は500万条件)にはなりますが、暮れの有馬記念に挑戦することも考えて、同じ舞台設定を重視しました」と話した。同馬は現在放牧中で、今月下旬にも帰厩する予定。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ