昨年のフラワーCを制したファンディーナ(牝4、高野)が現役を引退することが決まった。

 昨年12月のリゲルSで9着に敗れた後に右腸骨の骨折が判明。復帰を目指していたが、断念して故郷の北海道浦河町の谷川牧場で繁殖入りすることになった。通算成績は7戦3勝(重賞1勝)。牝馬ながら昨年の皐月賞に参戦(7着)して1番人気の支持を受けた。

 高野師は「みなさんに申し訳ないです。痛恨の念があります」と思いを口にしていた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ