英2000ギニーを制したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3)が、次戦のインターナショナルS(G1、芝2050メートル、8月22日=英ヨーク)で凱旋門賞馬エネイブル(牝4)と激突する。

 9日付の英レーシングポスト電子版によると、管理するA・オブライエン師が同レースから愛チャンピオンS(G1、芝2000メートル、9月15日=レパーズタウン)へ向かう計画を明らかにした。連闘で挑んだ7日のエクリプスSでは2着に敗れており、約1カ月半をかけて立て直しをはかる。エネイブルは昨秋の凱旋門賞制覇から休養中で、インターナショナルSで今年初戦を迎える見通しだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ