<セレクトセール2018>◇2日目◇10日◇北海道・苫小牧市

 国内最大のサラブレッド市場「セレクトセール2018」が10日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開かれた。2日目の当歳馬部門は、初年度産駒に熱視線。15年の皐月賞、ダービー2冠馬ドゥラメンテの子アイムユアーズの18(牡)が1億8000万円の高値をつければ、15年の年度代表馬モーリスの産駒ラスティングソングの18(牡)も1億7000万円。20年以降のデビューを前に、期待度は沸点に達している。(落札額は全て税抜き)

 モーリスの初年度産駒も負けていない。牡馬の上場第1号として登場したラスティングソングの18(牡)に、1億7000万円の値がついた。(株)KTレーシングの国持義広マネジャーは「これだけ高くなったけど、落とせてよかった。初年度産駒だし期待しています」と胸をなで下ろした。

 主要距離の1600~2000メートルでG1・6勝。うち香港で3勝し「日本だけでなく、海外でも活躍した」。そんな父は13日には検疫に入り、月末にオーストラリアへ。昨年と同程度の種付け額で、シャトルでの種牡馬活動を行う。2年連続でフル稼働、今でも世界のモーリスだ。

 その名声をまず高めるのが、この馬になるか。つやのある鹿毛。四肢の白斑。父と重なるものがある。「海外でも活躍できたら。中距離、クラシックディスタンスでという期待もしています」。果てしない展望が広がっている。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ