デビュー3年目の藤田菜七子騎手(20=根本)が7日の福島2R(3歳未勝利、ダート1700メートル)をコパノステラート(牝、小島)で制し、今年のJRA10勝目で、JRA通算30勝目を挙げた。昨年が14勝で2年連続の2桁勝利。JRAの減量特典が3キロから2キロになって初勝利となった。勝ちタイム1分46秒0。7番人気の伏兵だったが、早め先頭から後続の猛追を首差振り切った。

 同騎手は「積極的なレースをしたかったし、楽に前へ行けて良かったです。すごくいいリズムでレースをしてくれました」と話した。地方指定交流競走の3勝を合わせて、G1騎乗規程(31勝以上)は、すでにクリアしている。JRA女性騎手の通算最多勝利は牧原(現姓増沢)由貴子元騎手の34勝。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ