<開成山特別:追い切り>

 7日の開成山特別(500万、芝2600メートル、福島)で約4年8カ月ぶりに平地挑戦するオジュウチョウサン(牡7、和田正)が4日、美浦ウッドチップコースで最終追い切りを行った。

 先行するブルーオーキッド(3歳未勝利)を5馬身追走。直線入り口で並びかけ、持ったままの手応えで併入した。時計は5ハロン69秒3-ラスト12秒9。和田正師は「予定通り。息づかいもいいです」と納得の表情を見せた。

 「競馬では集中しているし、自分のやることがわかっている馬。輸送は阪神に行って結果を残してきました。今回はスクーリングをやらないですが、それは他の馬も同じ条件ですからね。装鞍所へ行って、パドックへ行けば、競馬だとわかってくれると思います」。  天気や馬場、展開面などについては「道悪は苦にしないし、苦手な馬がいれば有利になる。武豊騎手とはまだ打ち合わせしてませんが、石神騎手が話してくれています。G1に向かう仕上げではないけど、それでも悪くない仕上げだと思っています」と胸を張った。  この日は馬場から引き揚げてきた後、連戦連勝のパートナーである石神騎手が騎乗。普段と同様に森林馬道を通って厩舎へ帰った。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ