7日に帰厩した最強障害馬オジュウチョウサン(牡7、和田正)が13日、初時計を出した。

 7月7日福島の開成山特別(500万、芝2600メートル)でフルゲートに満たなければ13年11月以来の平地競走出走になる。美浦ウッドで石神騎手(レースは武豊騎手)を背に4ハロン58秒5-ラスト12秒8をマーク。馬なりのままパワフルなフットワークで駆け抜けると、見守った和田正師は「順調ですか」の問いに「ええ」と力強くうなずいた。テレビ局も取材に訪れる注目度の高さに「500万特別ですが、すごいですね」と気を引き締めていた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ