函館開幕週の日曜メイン、函館スプリントS(G3、芝1200メートル、17日)でG1馬セイウンコウセイ(牡5、上原)が復権を狙う。

 昨年は1番人気の支持を受けたが、4着。高速馬場、前半3ハロン32秒2のハイペースを2番手から進めたが最後は粘りを欠いた。前走こそ大敗も58キロを背負った3走前シルクロードSは2着。平田助手は「他馬を気にするので、自分でペースをつくりたい。今回はチークピーシズをつける予定。効果を期待しているし、重賞を勝てる力はある。力を出し切れれば」と先行力を生かす。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ