夏の北海道シリーズ開幕を告げる重賞、函館スプリントS(G3、芝1200メートル、17日)で、ティーハーフ(牡8、西浦)が3年ぶり2度目の制覇を狙う。

 前走・鞍馬Sでは上がり3ハロン32秒7の“鬼脚”を繰り出し、15年函館SS以来の勝利を挙げた。6日には函館ウッドで5ハロン69秒6。8歳だが切れ味は健在で、西浦師も「順調です。馬場にも対応力がある」と期待十分だ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ