松永幹厩舎に所属する良血の条件馬2頭が7月にフランスへ遠征することが10日、発表された。現地で2、3戦を予定している。ともに初戦は7月22日のメゾンラフィット競馬場で武豊騎手が手綱をとり、現在500万のジェニアル(牡4)がメシドール賞(G3、芝1600メートル)、同1000万のラルク(牝5)がペピニエール賞(リステッド、芝2100メートル)に出走する。2頭は(株)キーファーズの所有馬。7月5日に出国しシャンティイの小林厩舎で調整される。

 条件馬ながら、ラルクはラッキーライラックの半姉(父ディープインパクト)という良血馬。松永幹師は「ジェニアルの母サラフィナはフランスで(10年仏オークス制覇など)活躍した名牝だから現地のファンに喜んでもらえるかも。ラルクは現役を終えた後に欧州の種牡馬と種付けをする予定もある」と説明した。武豊騎手は「今までにないケースで、チャレンジとしては壮大。いろんな可能性が広がってほしい」と期待していた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ