オーストラリアの女性ジョッキーで昨年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)で初来日したケイトリン・マリヨン騎手(24)が9日、引退することが分かった。自身のツイッターで「騎手を辞めることを決断し、人生の次のステージを受け入れることにしました」と表明し、周囲への感謝を伝えている。今後に関しては言及していない。

 同騎手の祖父はコーフィールドCを3勝したミック・マリヨン騎手で両親、兄、いとこも騎手という競馬一家。昨年3月のウィリアムリードSでG1初制覇。美しいルックスでも注目を集めた。今年1月には交際中のジェームズ・マクドナルド騎手(※賭博関与のため18カ月の騎乗停止処分を受け、先月復帰)が拠点とするシドニー地区に騎乗の舞台をメルボルン地区から移していたが、3月17日のレースを最後に騎乗していなかった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ