ミエノサクシード(牝5、高橋亮)は坂路をゆったりと駆け上がった。前走の阪神牝馬Sは6着だったが、上位5頭がヴィクトリアMで上位を独占した。

 「本来は使って反応が良くなる馬だし、前走は相手が強かった中でよく頑張っている」と高橋亮師。近走は発馬が決まるようになっているのも大きい。「スタートを出たらレースも組み立てやすい」とここも楽しみだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ