<オークス:追い切り>

 桜花賞3着馬リリーノーブル(藤岡)は、川田騎手を背に栗東Cウッドコース単走で最終追い。ラスト重点にシャープな伸びを見せた。

 鞍上は「落ち着きも出ましたし、桜花賞よりさらにいい状態。スタッフの方たちがすごくいい仕事をしてくださった」と好感触。藤岡師は「前走はラッキーライラック(2着)との差は詰めたし、いい競馬をしてくれた。(2400メートルの)距離は血統的に心配していない。折り合いだけだと思っている」と期待していた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ