日曜の東京メインは牝馬3冠第2戦のオークス(G1、芝2400メートル、20日)が行われる。

 逃げ馬サヤカチャンも長距離適性を秘めている。田所師は「リーチザクラウン(09年ダービー2着)の子で母父もアンバーシャダイ(83年天皇賞・春制覇)だからね。距離は問題ないと思う」と見込んでいる。昨年のアルテミスSではハナを切って13番人気で2着に激走。今回も主導権を譲るつもりはない。「乗り役(松岡騎手)もコースを熟知している。あまり飛ばして行ってもとは思うけど、自分の競馬に徹するだけ」。展開の鍵を握りそうだ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ