<厩舎別注目2歳馬:奥村武厩舎>

 開業5年目で着実に勝ち星を積み重ねる奥村武厩舎は、素質馬がそろった。中でもハーツクライ産駒バランセラの16(牡)は相当な期待がかかる。昨年のセレクトセールで1億3500万円(税抜き)で落札された。現在は成長を促し、デビューは秋になりそうだが「能力は本当にすごい」とほれ込む。

 昨年の新潟2歳S3着テンクウなど、早期から実力馬を送り出すのが厩舎の特色。父にドリームジャーニーを持つパラダイスコーブの16(牡)は、来月3日東京の芝1600メートルでデビュー予定。「反応のいい馬で前向きですよ」と評価する。スクリーンヒーロー産駒ギャラリートークの16(牡)は「すごく元気のいい馬」と、こちらも6月の東京デビューを視野に入れる。

 ディープインパクト産駒では、ペイトンドーロの16(牡)が大器の予感だ。450キロ前後の馬体だが「大きな走りをする。真面目な気性」と力が入る。グランプリボスの初年度産駒コパノジャーノーの16(牝)は「スピードがあって面白そう。北海道でデビューできれば」と話した。【久野朗】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ