日曜の東京メインは牝馬3冠第2戦のオークス(G1、芝2400メートル、20日)が行われる。

 桜花賞圧勝のアーモンドアイが2冠へ出陣する。9日の1週前追い切りはウッドでレッドアルカナ(古馬500万)に楽に1馬身先着した。不良馬場で強い横風の悪コンディションで6ハロン82秒3、上がり38秒4-12秒6(馬なり)と時計も上々。騎乗したルメール騎手は「いい反応でした。勝つ自信あります」と早くも手応え十分で、国枝師も「落ち着いているのがいい。気持ちに余裕があるのが一番。距離が延びても折り合いを欠くことはないと思う」と満足そうだった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ