京都開幕週の日曜メイン・マイラーズC(G2、芝1600メートル、22日、1着馬に安田記念優先出走権)で、ロジクライ(牡5、須貝)が重賞2勝目を狙う。

 今回と同じ舞台の16年シンザン記念を制するも、直後に1年11カ月の長期休養を余儀なくされた。ただ、遠藤助手は「2年休んだ馬の背中ではなかった」と再起の予感を得ていた。事実、復帰3戦目から連勝。マイル戦での持ち時計を連続で更新し、勢いを取り戻した。「無理使いしていない分、成長もあったと思う。取り返す時期ですね。開幕週、前で競馬できるのは強み」。完全復活をアピールしてみせる。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ