<アンタレスS:追い切り>

 日曜阪神のアンタレスS(G3、ダート1800メートル、15日)に向け、ダート5連勝中のグレイトパール(牡5、中内田)がCウッドで最終リハを行った。川田騎手を背に3頭併せで6ハロン83秒7-11秒9を計時。エクレアスパークル(古馬500万)に半馬身遅れたが、ノーブルスピリット(3歳未勝利)には1馬身先着した。

 猿橋助手は「もともと跳びが大きいので、追い切りでめちゃくちゃ時計が出るタイプではない。乗った鞍上は思ったよりも良かったと言っていました」。圧勝した平安Sから約11カ月ぶりの実戦だが、入念に乗り込まれて息は出来ている。「ダートで強い競馬をしてきたので、何とか頑張って走ってくれたら」と健闘を祈っていた。【平本果那】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ