<皐月賞:追い切り>

 タイムフライヤー(牡、松田)は栗東Cウッドで6ハロン79秒0、5ハロン63秒6の猛時計を出した。3角からユラノト(古馬オープン)とびっしり併せ、頭差先着。初騎乗の内田騎手は「最後までいい伸びだった。長めからあれだけ動ければ」と好感触だ。

 会見で松田師は「先週の追い切り前は背中の疲れが取れなくて出走辞退も考えた」と明かした上で、「先週追い切った後、トモの踏み込みがよくなり、週末も良くて、今日は相当攻めた追い切りができました。超回復のステージを乗り越えた。皐月賞を勝ちたいです」と言い切った。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ