<ドバイ国際競走:追い切り>

 ドバイ国際競走(31日=メイダン)に遠征する日本の各馬が追い切った。

 シーマC(G1、芝2410メートル)に向かうモズカッチャン(牝4、鮫島)とドバイターフ(G1、芝1800メートル)に向かうディアドラ(牝4、橋田)は栗東坂路で併走した。

 モズカッチャンを追走したディアドラが最後に頭差かわした。モズカッチャンに騎乗した梛木助手は「前走よりも反応が良かった。時計以上に迫力があった」と久々をたたいた上積みを感じていた。ディアドラの橋田師は「状態は良くなっているし、体も締まってきた」と好感触を口にした。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ