31日にメイダン競馬場で行われるドバイ諸競走に出走する堀厩舎のサトノクラウン(牡6)、ネオリアリズム(牡7)は20日に日本を出国する。来週初めに検疫馬房へ移動する見通し。

 8日はシーマC(G1、芝2410メートル)に出走するサトノクラウンが美浦坂路を単走で4ハロン56秒4-12秒8をマーク。ターフ(G1、芝1800メートル)に出走するネオリアリズムは美浦ウッドを5ハロン70秒7-13秒5で駆け抜けた。2頭はともに18年初戦がG1。森助手は「サトノクラウンは放牧明けの方が結果は出ていますしね。どちらの馬も入厩から順調にきていますよ」と話した。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ