菊花賞2着のクリンチャー(牡4、宮本)は坂路で最終調整を終えた。以前より走りに重厚感が出ている。

 「たたき良化型ではあるけど、きっちりと仕上がった。同じ休み明けだった昨秋のセントライト記念とは全然違うし力もつけている。今週は坂路で52秒7だけど、以前はこんな走りはできなかったからね」と宮本師はご満悦だ。

 菊花賞は極悪馬場を克服した。「スタミナがあるし土曜日の雨も歓迎。強い馬を相手にどれだけやれるか」と手ごたえを感じている。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ