<セントポーリア賞>◇28日=東京◇3歳500万◇芝1800メートル◇出走12頭

 セントポーリア賞は道営馬ハッピーグリン(牡、田中淳)が外差しを決めた。勝ちタイム1分49秒8。

 1000メートル63秒1というスローの流れでも中団後方で折り合い、直線では外から豪快に伸びて中央勢をねじ伏せた。大野騎手は「ゲート入りにてこずったけど、そのあとは大丈夫。並びかけるときの脚が速かった」と高く評価した。田中淳師はのべ62頭目の中央挑戦で初勝利。同師は「芝向きだと思っていたし、自信を持ってこちらに参戦した。距離は200メートルくらい延びても大丈夫かも」と喜んだ。今後は3月4日中山の弥生賞(G2、芝2000メートル)、同18日中山のスプリングS(G2、芝1800メートル)の皐月賞トライアルも視野に入ってくる。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ