<愛知杯:追い切り>

 連覇を狙うマキシマムドパリ(牝6、松元)は藤岡佑騎手を背に坂路で追い切られ、4ハロン56秒9-12秒5をマークした。

 松元師は「全体時計は遅かったが、順調にきていて、この馬なりにいい状態を維持している」と話した。昨年はここで重賞初制覇。その後マーメイドSを勝ち、重賞2勝と飛躍した1年だった。今年初戦もここから勢いをつけたい。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ