日刊スポーツ新聞社制定「17年JRA騎手ホープ賞」の表彰式が8日、京都競馬場で行われ、受賞した荻野極騎手(20=清水久)が、阿部正史日刊スポーツ新聞西日本代表取締役社長から賞状と記念カップを贈られた。

 2年目の昨年は1年目の20勝を大きく上回る47勝を挙げ、飛躍の1年となった。成人の日だったこの日、新成人となった同騎手は「未成年ではなくなるし、言動、行動を考えて、社会人として恥ずかしくないようにしたい」と話した。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ