<中山7R>◇8日=中山◇1000万◇ダート1200メートル◇4歳上◇出走16頭

 20歳の藤田菜七子騎手が、成人の日に1着同着で18年初勝利を挙げた。

 2番人気ビックリシタナモー(牡4、音無)の手綱を取り、4コーナー後方から直線勝負にかけ、先に抜け出した石橋脩騎手(33)騎乗のタガノヴィッター(牡5、牧浦)と鼻面を並べてゴールに飛び込んだ。長い写真判定の結果、1着同着となった。勝ちタイムは1分12秒0。

 藤田は「勝ったと思ったんですけど、(検量室に)帰って来て微妙と言われて。勝って良かったです。本当に馬が頑張ってくれた」と笑顔を見せた。

 デビュー3年目でJRA通算21勝となったが、1着同着は初めて。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ