香港国際競走のキーマンといえば、やはり現地のトップジョッキー、J・モレイラでしょう。騎乗予定馬は香港ヴァーズがトーセンバジル(藤原英)、香港スプリントがザウィザードオブオズ(J・サイズ)、香港マイルがシーズンズブルーム(C・シャム)、メインの香港カップはネオリアリズム(堀)となっています。

 トーセンバジルとは初コンビになりますが、ネオリアリズムとは4月のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル)以来、2度目です。同レースでは常識外れのロングスパートが見事に決まって優勝。馬の能力を存分に引き出したファインプレーに称賛の声があがりました。

 モレイラ騎手が配された4鞍はどれも勝負気配が漂っていますが、最も注目したいのが香港マイルに挑む地元の上がり馬シーズンズブルーム(香港馬名=四季旺)です。

 モレイラ騎手とコンビを組むようになった近4走は1、1、2、1着。前々走のセレブレーションC(G3、芝1400メートル)はビューティージェネレーションの逃げ切りを許しましたが、前走ジョッキークラブマイル(G2、芝1600メートル)は直線で豪脚を爆発させて優勝。昨年の香港マイルの覇者ビューティーオンリー、同2着のヘレンパラゴンなど既存勢力を一蹴し、昨シーズンで引退したエイブルフレンド(14年香港マイル優勝)の跡を継ぐマイル路線のスーパースター誕生を予感させました。

 香港マイルには昨年7着からのリベンジに燃えるサトノアラジン。欧州からはBCマイル2着のランカスターボンバー、同レースは11着でしたが欧州マイルG1・3勝のローリーポーリーなど、A・オブライエン勢の2騎など手ごわい相手がそろっています。

 それでも地の利、勢い、最強の鞍上の3拍子がそろったシーズンズブルームなら、G1初挑戦の壁を突き破ってなんら不思議なし。その名の通り開花の季節になるかもしれません。

【奥野庸介】(ニッカンスポーツ・コム/極ウマコラム「ワールドホースレーシング」)

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ