日曜中山の黒松賞(2歳500万、芝1200メートル、10日)は、セイウンリリシイ(牝、水野)が先行力を生かす。

 前走のくるみ賞は不良馬場を逃げて0秒3差4着。2走前は外枠から先手を主張できずに崩れたものの、スムーズな先行策なら持ち味のしぶとさを発揮する。水野師は「1回放牧に出して、順調にきた。逃げても逃げなくてもいいけど、前に行く方が良さが出るね。中山でも走れると思うよ」と前進を期す。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ