12月第1週は、3場で計8鞍の新馬戦が行われた。芝のレース5鞍のうち3鞍でディープインパクト産駒が勝利。東西の2000メートル戦を勝利した2頭に注目した。

 まず血統的にもG1馬マリアライトの全妹として注目を集めた、日曜中山6Rのエリスライト(牝、久保田)が1番人気に応えて2分3秒7で勝利した。道中は後方に控え、4角から一気に上がってくると、最後は5馬身差をつける完勝。「課題は多いが、結果を出すあたりは血だね」と、姉とともにG1を2勝した蛯名騎手は話した。

 関西では土曜阪神5Rを2分3秒1で逃げ切ったヴェルテアシャフト(牡、池江)が光った。ハナを切って上がりも最速という走りに、M・デムーロ騎手は「まだ子供だけど、余裕がありましたね」と、伸びしろ十分な走りをたたえた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ